スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

『海の唄がきこえる』 プロローグ

a1090_000004_m_convert_20100822185239.jpg


きこえる   波の音  
静かに  よせては  かえす
耳の奥で  いつも  はなれない  音

ぼくは  歩きなれた海辺を  歩いてる
いつも人で  にぎわう岸辺は  今日はもう  誰もいない
夕やみに  つつまれて  波の音だけが  寂しくひびく
まるで  世界中に  ぼく  ひとり

はやく 行かなくっちゃ・・・・・・・・・・・

どこへ?

ぼくは  どこへ  向かっていたんだろう


波の音にまじって  なにかが  きこえてくる
きれいなしらべ  
やさしい  はかない  歌声

ぼくは  ホッとする  
涙が出そうなくらい  うれしい

声のするほうへ  歩いていった


――――― 浜辺にいたのは  女の子たち
同じ顔をした  小さな  6人の  女の子たち
うすべに色の  うろこの足  
伝説の中の   人魚
ぼくは  その中の1人に  手をさしのべる


その女の子は  泣いていた 
サンゴのような  赤い瞳
ぼくは  悲しくなって  心がさわぐ


歌声は  とうに消えて  波の音だけがする
岩に座った  女の子の足に  波がかかる
ぼくは  それを  見おろす

ふいに  波が激しくなる  

岩にうちよせる  荒波・・・・・・ 潮さい・・・・・・・・ 


a0003_000300_m_convert_20100822185319.jpg


バシャッと  何かが  波打ちぎわで  はねた

ぼくは  ふりかえる


赤い・・・・・・・・波・・・・・・・・・?


浜辺を  埋めつくすように  横たわる 
魚?・・・・・・ 人?・・・・・・・・

むせかえるような  血のにおい 
赤い海・・・・・・・・・
緋色に  染め上げられた  水たまり

みんな  心が空っぽで  うつろな目をして  死んでいる

ぼくは  あとずさりする

うちよせる波が  岩でくだけて  ぼくの体にかかる
顔も  手も  足も  緋色のしぶき
まるで  ぼくが  殺したみたい・・・・・・・・


・・・・・・ぼくが・・・・・・・・?


ノドが痛い 
焼けつくような  痛み

あたりを見まわすと  空気中に  光の粒子が  ただよっている
じっと光を見ていると  それは  帯のような  流れをつくる
海面の波が  きらきらと  光をはなつように  それは美しい


遠のいていく  意識
波の音だけが  いつまでも  耳からはなれない


ぼくも・・・うつろになって・・・・いくのかな・・・・・・・



2010-08-22 : ゲーム :
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

バグワーム

Author:バグワーム
ビジュアルノベルゲームを
制作しています。

現在発表している作品は、
『海の唄がきこえる』
『ヤンデレ彼女と危険な恋 』
『俺の妹は天使で悪魔!! 』
『好色三蔵伝性遊記』
『ねむり姫』等です。

「とらのあな」
「COMIC ZIN」
「DLサイト.com」
「DMM.com」
「コミックマーケット」
などで
お買い求めいただけます。

詳しくは、BAGWORMの
公式サイトをご覧くださいね。
http://bagworm.info/

現在は続編の完成発表に向けて
鋭意制作中です!!

どうぞ宜しくお願い致します。

ご意見、ご感想をお待ちしています!

Amazon

「海の唄がきこえる」はAmazonでも買う事ができます


QRコード

QR

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。